学校教育目標
 教育目標写真

 1.教育目標
健  康  で
自立心にあふれ 人間性豊かな児童を育成する
創造性に富んだ
 
 ◎児童像 「明日をみつめ、今日一日を生き生きと生活する子」
  • かしこい子(知)自ら考え、進んで学習する表現力豊かな子
  • やさしい子(情)思いやりをもって、助け合う、感性豊かな子
  • がんばる子(意)責任をもち、最後までやりぬく子
  • げんきな子(体)運動を好み、明るく健康な子
 
 ◎教師の姿勢 【教職員一人一人が子どもにとっての教育環境

『優しく』:美しい言葉遣い、質の高い教育活動…児童に

『真摯に』:協働の姿勢と互いに高め合う風土…教職員相互に

『誠実に』:ていねいな対応、信頼関係の確立…地域、保護者に

『厳しく』:職種に誇り、服務・勤務の厳正…自身に

   重点:「明るいあいさつ」「きれいな学校」
 
 2.経営方針
 伝統と地域に根ざした学校づくりを具現化するために、教職員の総力を結集するとともに創意工夫を生かし、特色ある教育活動に取り組む。その際、小学校学習指導要領の趣旨を踏まえ教育活動に広がりと深まりをもたせ、一人ひとりの児童が活気に満ち、生き生きとした表情で学校生活を送ることができるように努める。
(1)児童一人ひとりのよさや特性を生かし「生きる力」をはぐくむ。(教育指導)
※「生きる力」
「確かな学力」、「豊かな人間性」、「健康・体力」「コミュニケーション力」
児童一人ひとりの心身の発達の段階や特性を理解し教育課程の編成・実施・評価・改善に努める。
児童の確かな学力と体力の向上をめざし、諸調査の結果等を踏まえ、児童の学習状況の改善や運動習慣の確立を図るなど、きめ細かで質の高い教育を推進する。
児童の発達や障害の状況に即した柔軟で多様な教育活動を展開し、インクルーシブ教育の充実に努める。
グローバル社会で主体的に行動し、たくましく豊かに生きる児童を育成するため、指導体制や指導方法の工夫改善を行う。
自立心や自立性、他者を思いやる心の育成等に配慮し、学校が一体となって道徳教育を推進する。
 
(2) 豊かな心と健やかな体、豊かなかかわり合いをはぐくむ、安全で美しい教育環境の整備に努め、特色ある教育活動に取り組む。(教育指導)
※「希望」・「安心・安全」・「連携」の視点から、教育環境を見直す。
「『いのちの支え合い』を学ぶ授業」やいじめ防止対策、潤いの時間等を充実させ、生命や人権を尊重する心情と態度を育てる。
SSN・地域・保護者・警備員等と連携して安全な教育環境の確保に努める。
校舎内外の美化(5S整理・整頓・清潔・清掃・躾)・緑化・掲示の充実を図る。
危機管理意識の徹底を図るとともに、傷病者数の減少を目指す。
  (安全指導、安全管理、危機管理対応マニュアル、体育活動時等における事故対応(ASUKAモデル活用)等の徹底を図る)
 
 (3)家庭及び地域社会との連携に努め、共育を充実させる。(教育の連携)
地域の実態と特性を生かした教育活動を推進する。
SSN、防犯ボランティア、チャレンジスクール、地域講師、読み聞かせ、NESJATの充実
家庭及び地域との連携を強化するとともに多様な地域活動への参加を推奨する。
(育成会、自治会、PTA 等)
共に生きる地域を大切にする心情を高め、郷土の担い手を育てる。
 
3.本年度の努力項目
 社会の変化に主体的に対応できる資質・能力(生きる力)の基礎を育成する。学習指導要領の趣旨をより生かすために継続して「くもる心」「ろやかな学力」「がやく瞳」「んきな体」を目標に設定し、教育活動に取り組むとともに、全教職員の協働により、統合ある全教育活動を展開する。
 
(1) 学習指導の研究を深め、児童が生き生きと楽しく意欲的に学ぶ授業の展開に努める。
学習意欲・関心・態度を高める指導方法・指導体制を工夫する。
基礎的・基本的な内容をおさえ、基礎学力の定着を図る。
児童一人ひとりの創意工夫や特性を生かし、個に応じた授業の充実に努める。
小中一貫教育モデル校として、9年間を見通した指導法の工夫改善を図る。
 
 (2)基本的生活習慣の確立を図り、好ましい人間関係を培う生徒指導に努める。
児童理解を深め、張りのある学校生活を体験させる。
信頼関係を基盤にした生徒指導を充実し、健全な行動様式を育成する。
一人ひとりの人権を尊重する指導を徹底する。
  (体罰・暴言調査、沼影小学校いじめ防止基本方針)
不登校傾向の児童へ寄り添った指導に努める。
 
 (3)心身ともにたくましく、協調性のある健康な児童の育成に努める。
進んで体力づくりに努める体育的教育活動を工夫実践するとともに、全教育活動を通して体力の向上に努める。
潤いの時間(人間関係プログラム)・体育指導・保健学習・保健指導・給食指導・安全指導・読書指導を着実に実践し、健康教育の充実に努める。
自主的活動を重視したボランティア的な児童活動を推進する。
  (ボランティア清掃・ペットボトルリサイクル・あいさつ運動・いじめ防止運動等)
 
 (4)教育環境の整備に努め、豊かな人間性を育てる。
コンピュータ室を始め教材教具を効果的に活用し、情報化時代の対応に努める。(学校評価)
緑化活動の充実と校舎内外の整備・安全確保に努める。
理数教育(環境も含め)・福祉教育の充実と勤労生産的・奉仕的な体験活動を重視する。
 
 (5)家庭及び地域社会との連携を一層強化する。
学校評価を充実させ、組織的、計画的に学校改善を行う。
児童の健全育成のための地域との交流教育活動を充実する。
(チャレンジスクール、保育園・幼稚園交流、少年団)
地域を愛し、郷土とともに生きる心情の高揚に努める。
「あいさつ運動」を家庭・地域と連携して取組み、あいさつが響き合う明るい町づくりをめざす。
 
 (6)仕事を通して学び、児童や保護者、地域に信頼される教職員、学校を目指す。
【教職員一人一人が子どもにとっての教育環境】を自覚する。「優しく、真摯に、誠実に、厳しく」
常に「報告・連絡・相談・対応・確認」の姿勢で、組織的に取り組む。
常に授業改善に取り組み、指導力の向上を図る。
 
(7) 障害のある児童の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援し、児童一人ひとりのニーズに応じた指導の充実を図る。
児童一人ひとりの障害の特性や状況等に応じて適切な課題を設定し、個に応じた指導の充実に努める。
特別支援教育に関する校内委員会を活用し、校内支援体制の確立を図り、障害のある児童一人ひとりのよさや持てる力を十分に発揮し生活できるよう指導及び教育環境の整備・充実に努める。
児童の発達段階、地域の実態、障害のある児童の状況等を十分に考慮し、交流及び共同学習により互いに成果が期待できるよう努める。
 
4.指導の重点
 教科担任制(交換授業)や少人数指導・習熟度・障害の程度に応じた指導等を工夫・発展させ、確かな学力の向上や思考力・判断力・表現力等を高める指導の充実を図る。
 
研究の成果・課題を生かした研究を継続し、協働による研究活動を推進するとともに、教師としての実践的指導力・専門的知識等を伸長し、知力を高め楽しく意欲的に学ぶ児童の育成を目指す。
平成2829年度さいたま市教育委員会研究指定「小・中一貫教育」(内谷中浦和大里小沼影小)
平成2829年度さいたま市教育委員会研究推進校「教育課程(算数、体育)」
「よい授業」研究協力校
「ぬくもりタイム」「まろやかタイム」「かがやきタイム」「げんきタイム」を充実させ、豊かな教育活動を推進する。
 
児童一人ひとりのよさや特性を生かし、知力(賢さ)を中核とした「生きる力」を醸成する。
健康安全に留意し、体力づくりや緑化活動を発展・充実させる。
児童の立場を踏まえた的確な児童理解を行い、適切な人間関係づくりを構築する。
 沼影小学校の規律ある行動・よい子のくらしを徹底し、基本的な生活習慣を形成する。
 
「時を守り、場を浄め、礼をつくす」態度の実践指導
「心を潤す4つの言葉」の指導強化。−はい(しっかりと返事をしましょう)、おはようございます(げんきよくあいさつしましょう)、ありがとうございます(感謝の気持ちを表しましょう)ごめんなさい(素直な気持ちを表しましょう)などー 
「あいさつ運動」を推進する。
読書活動の充実・活性化を進める。
◎  「すくすくのびのび子どもの生活習慣改善」キャンペーンを推進する。
 学校評価の方法及び内容の改善を図るとともに、外部評価の公表と自己評価シートに基づく教職員評価システムを着実に推進する。
 教育相談体制・心のサポート体制を充実させ、不登校の未然防止と解消に努力する。
 
さわやか相談員、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの活用
 児童の望むよい授業を実現し、更なる確かな学力の向上に努める。
   よい授業の4つの因子
  1.授業マネジメント 2.基礎アップ 3.授業スキル 4.アクティブ・ラーニング